コソーリ映画

日々鑑賞した映画をただ並べていくだけの、ひどく私的なページ。

携帯にURLを送る     タイトル一覧

インファナル・アフェア2 無間序曲
2005.05.07(Sat)
1を観終わった直後、間髪いれずに観たにも関わらず…ストーリーが全然分かりませんでした!!自分のバカさ加減に大ショック!!そしてそのまま仮眠タイムへ突入してしまったため、さらにワケ分からず。
一番の原因は主人公の青年時代を演じる役者2人の顔の区別がつかなかったこと…。同様の問題で「プラトーン」のストーリーが一つも分からなかった経験あり。
in2.jpg 220×320 9K

インファナル・アフェア
2005.05.07(Sat)
3部作の3番目を観たらおもしろかったので、こちらも観てみた。
なるほどそういうことか。と納得するとこもあって満足。3から先に観てしまったことの後悔も特になし。

in1.jpg 240×320 9K

シベリア超特急
2005.05.07(Sat)
プチワープする役者、疾走感"あふれない"列車、暴走する物語…。
この類まれなる駄作をかの水野晴郎先生が作ったいうのが笑える。
しかもどんだけ古い映画かと思ったら1996年!結構最近じゃん!!
0507.jpg 240×320 9K

バッド・エデュケーション
2005.04.28(Thu)
ぅーん。「オールアバウトマイマザー」みたいな展開の早さを勝手に期待しちゃってたので、ちょっとダレちゃった。つまんなくはないんだけど。
そしてこの監督の名前はいつまでたっても覚えられん!ぺどろ・あもろどぎれす…。ちがうよ。なんだよ。恐竜かよ。
badjpg.jpg 240×320 9K

ジョゼと虎と魚たち   スゴク(・∀・)イイ!
2005.04.23(Sat)
乳母車乗ってるわ、ジョゼなんて名乗ってるわの不思議ちゃん、ジョゼ。
基本的に不思議ちゃんキャラの婦女子が出てくる映画はサムくて嫌いなんだが、ジョゼは全く違和感なかった。むしろ、いとおしかった。
最初ッから最後まで、きれいごとばっかしじゃないのが素晴らしい。
joze.jpg 225×320 9K

インファナル・アフェア3 終焉無間
2005.04.21(Thu)
記玉じのまま映画館へ。分からなかったらどうしようと不安でしたが、だいたい問題なし。美しい映像と美しい男二人に感動。音楽が仰々しくてわろた。
◆上野東急

in3.jpg 220×320 9K

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
2005.04.14(Thu)
前作の感想:普通。役のために太るレニー・ゼルウィガーがすごいと思った。
本作の感想:普通。役のために太るレニー・ゼルウィガーがすごいと思った。
◆109シネマズ
buri.jpg 240×320 8K

ヒューマン・トラフィック
2005.04.09(Sat)
いかにもイギリス映画!ってかんじの、しょーもない若者達の話なんだが「ょおおおおおおし!遊ぶぞ!遊んでやるぅ!」っていう気合がハンパじゃなくて清々しい。ドラッグうんぬんに対する変なかっこつけもないし、好感度高し。
human.jpg 240×320 9K

ハウルの動く城
2005.04.07(Thu)
おばあちゃんキャラはかわいかった。でもそんだけ。
◆109シネマズ
hau.jpg 240×320 9K

アビエイター   (・∀・)イイ!
2005.03.31(Thu)
親の遺産をもとに、飛行機とばしまくる映画つくるわ、初のジェット機を作るわっちゅーすんごい人の話。もともと自伝好きってのを差っぴいても、面白かった!興奮した!
そしてディカプリオは大人になってもちゃんと演技派なのを再認識。世間のアイドル扱いに杞憂。顔がキレイってのがマイナスに働くこともあるんだねぇ。
◆上野東急
0331.jpg 240×320 9K




コソーリ映画TOP

いくーこ.com